政府、国際機関等における職務

検事は、日本の検察官の5つの官名のうちのひとつで、その職務の内容というのは多岐にわたっています。検察官は、法務省に所属しています。まず、刑事事件については、代表者として民法や各種の法律によって、多くの権限を持っています。法に違反した人を取り調べることができます。事件の立証をするのが仕事です。起訴または不起訴の処分を下します。訴訟されると、裁判が行われます。そして、被疑者の罪が検討されることになるのです。また、裁判所には法の正しい適用を求めて、裁判の指揮監督する権利を持っています。事案の真相を解明するという任務があります、そのため、訴訟すべき事案を的確に判断しなければなりません。大変重い責任をもっているのです。裁判では、陳述を行います。犯罪の内容や、被疑者の特別事情、求刑などを述べるのです。
限られた時間の中で、責任もあり高い質の仕事をすることを求められているのです。忙しく大変な仕事なのです。犯罪が発生すれば多くの仕事をこなす必要があります。
その他にも多くの活動を行っています。検察官としての活躍のイメージが強いですが、外国の組織においても必要とされているのです。在外公館や、海外組織などにも出向をして幅広く活躍しているのです。

コメントは受け付けていません。