法務省における職務

???? Vol.56 ??????????????法務省は、日本の行政機関です。基本法制の維持や整備を行っています。また、法による秩序の維持や、国民の権利を擁護することも行っています。そして、国の利害関係にある争訟を適切に処理します。そして、出入国の管理を任務としています。
戸籍や国籍を管理しているところでもあります。戸籍を取り扱っている市町村などに助言や支持などを行っているのです。戸籍課においては、成年後見登記の取り扱いを行っています。また、会社を設立した場合は、法人登記部門に申請をします。土地やマイホームやマンションを購入する際には、不動産登記が必要です。相続の場合も手続きが必要です。
また、家賃などの供託もしています。外国の法に従って結婚する際には、証明書の発行が必要となります。この証明書の発行も行っています。また、外国の人が日本の国籍を取得するには法務大臣の許可が必要になります。そのため、帰化の窓口申請が必要です。
国に利害が及ぶ訴訟は、訟務部門が代理人として、訴訟に関する活動を行っています。
いじめや、人権侵害、また虐待などの相談も受け付けています。救済のためにアドバイスや活動を行っています。また、ご近所トラブルの問題についても相談をうけています。

 

コメントは受け付けていません。